日韓カップル

【国際恋愛】韓国人彼氏との出会いから付き合うまで【日韓カップル】

私は現在日本で会社員をしながら、韓国で大学生をしている韓国人彼氏と交際中です。

彼の名前は「min」です。

どうやって出会ったの?どうやって付き合ったの?とよく聞かれるので、今回は韓国人彼氏との出会いから付き合うまでの馴れ初めを紹介したいと思います。

出会い

私はハワイに留学し、語学学校に通っていました。minと出会った頃はもう滞在8ヶ月目。残り2ヶ月のハワイ生活を満喫しようと忙しい毎日を過ごしていました。

ある日、学校のアクティビティでビーチに行くことになり、その頃好きだった韓国人の男友達とビーチに向かいました。

ビーチには先生とクラスメイトがいて、そこに2人で合流。すると、見たことのないサングラスをかけた男の子がいました。勝手に日本人だと思った私は

「あっ、はじめまして〜!kekoです〜!」

と日本語で挨拶してみると無反応で戸惑う男の子。

それがminでした。

min

・・・・・・・?

てっきり日本人だと間違えてしまい、先生にもクラスメイトにも笑われてしまいましたが、minは笑って

min

ごめん、韓国人だよ。先週ハワイに来たんだ。

とサングラスを取ってくれました。

はじめてのランチ

その日、先生と解散してからクラスメイト6人でランチに行きました。私は韓国人男友達のことが好きだったので、浮かれていました。(笑)

(ここだけの話、minはその男の子と私が付き合っていると思っていたらしいです・・・)

みんなで色々な話をしました。新しいクラスメイトであるminにみんな興味津々で、英語の発音もきれいだったしかなり話せるので「どうやって勉強したの!?」と会話がはずみました。(真面目)

話は恋愛になり、minに彼女がいないこと、年上が好きなことを聞き

(へえ・・・年上好きか・・・苦手だな・・・)

と思った私。なんとなく年上好きと聞くと “頼りない、引っ張って欲しいタイプ” なんじゃないかと思い、ちょっと壁を作ってしまいました。そんな感じでその日は解散しました。

クラスメイトの日々

同じ語学学校で同じクラスレベルだったものの、同じクラスでの授業は1時間だけでした。その1時間だけでもよくわかるほど、minは真面目で、頭が良くて、穏やかな人でした。

韓国人の友達がたくさんいた私にとって、韓国人の気の強さを日々感じていたこともあり、こんなに大人しい韓国人に出会ったのははじめてでした。

そんなある日の授業で、minとペアワークをすることになりました。

2人で過去完了系と過去形をまぜた文章を作る、というものでした。

ペアワークはコミュニケーションが本当に大切で、お互いの意見を尊重しながら作りあげる必要があります。私は過去8ヶ月間、何度もパートナーと揉めました。(笑)しかしminとは、驚くほどスムーズに完成できたのです。

私が「この部分たぶん合ってると思うけど、どうかな・・・」と言うと、

min

大丈夫だよ、間違ってたら先生が直してくれるよ。間違いを直すために勉強しているんだから。

と言ったのです。

(あ、この人すごい大人なんだな・・・)と思いました。

クラスメイトから男友達へ

先ほども言った通り、私には好きな人がいました。韓国人の7歳年下の男の子で、毎日のように4人グループでつるんでいた友達の中の1人でした。

韓国人男性がほとんど学校にいなかったこともあり、その男の子とminはすぐに仲良くなり、自然と5人で遊ぶようになりました。

しかしお酒を飲まない友達が多く、お酒好きの私とminは2人で飲むようになりました。

話題はもっぱら将来の話。

min

結婚願望はないなー、まだやりたいこといっぱいあるし。

そして私の恋愛相談。

min

ふーん…良い人がいるといいね。

結婚願望大アリ、そして恋愛も協力でもしてくれればいいのに、と思っていた私にとってイライラする回答ばかり。(笑)

今振り返ると、minはとにかく人生に迷っていた頃だったようです。

別の男の子に告白

そうこうしているうちに、すっかり私は韓国人男友達にゾッコンに。7歳も年下で、全然脈なしだなと感じていたので勢いでうっかり告白してしまいました。

共通の女友達と、その男の子の話をしていると、

min

え、告白!?kekoって〇〇のこと好きだったの!?

とおとぼけ発言・・・。女友達に「いや、なんで気づかないわけ・・・」と呆れられるほどminは鈍感ボーイだったのです。

見事にフラれた私を、minは慰めてくれました。

それから2人で飲みに行くことも多くなり、minは私にとってなんでも話せる男友達になっていきました。

変化していく気持ち

気づけばハワイ生活も残り1ヶ月。友達には

アイコン名を入力

ねぇ、結局のところkekoとminってどういう関係なの?

と言われるようになっていました。

私にとってminはとても大切な人でした。時間があれば1日中一緒にいて、お互いの共通語は英語にも関わらずずっと喋って笑っていました。

アイコン名を入力

minはkekoのこと可愛いって言ってたよ。でも僕には興味がなさそうだって…がんばって!

その友達の一言で、「え、そんな風に考えたことなかったな・・・」とふと異性として意識するようになりました。

頭ポンポン事件

私は相変わらず4人グループで遊んでいて、minには別のグループができていました。そのグループには女の子もいて、前々からminと仲良さそうだなと思っていました。

ある日その子がマスクをして登校してきたのです。

するとminがあわてて駆け寄り、なにか話して心配そうに頭をポンポン撫でていたのです。

(あ〜、minはこの子が好きだったんだ。)

自分を好きなんじゃないかと勘違いしていて、恥ずかしくなりました。韓国人男性の優しさに慣れていない私は、日々感じていたminの優しさにうっかり自意識過剰になってしまっていました。

あとから聞いた話では、minはその前日にグループで遊んでいて、そのせいで体調を崩してしまったんじゃないかと罪悪感を感じたのだとか。

それを見た他のクラスメイトが「minはあの子が好きなの?」と聞くと

min

え?違うけど…。

そう言うminの言葉を聞いて安心しつつも、自分はなんでこんなに気にしているんだろう?と自分の気持ちが動いているのを感じました。

近づく帰国日

帰国日は着々と近づき、どちらからともなく離れるなんて寂しいねと話すようになりました。

minの気持ちがよくわからなかった私は、思い切って聞いてみることにしました。

「私のこと、どう思ってる?」

minは悲しい顔をして、ゆっくりと話してくれました。

min

好きだけど、どうしたらいいかわからない。もうすぐkekoは帰国して離ればなれになっちゃう。僕もいつか韓国に帰らなきゃいけない。どうすればいいんだろうね。

minの言葉が嬉しくて、そして悲しくて、2人でアラモアナセンターのベンチで泣きました。

minの誕生日

そんな中、minの誕生日が来ました。しかし、その日の夜は minと出会う前から決めていたLA旅行に発つ予定でした。なので誕生日前日、2人のお気に入りのバーで飲むことにしました。

0時を過ぎ、いつの間にか泣きながら話をしていました。

min

本当に来月帰国するの?もっとハワイにいて欲しい…。

私の心に、minの言葉が痛いほど刺さりました。大切だからこそ失いたくない。でも離れなければいけない。先の見えない遠距離恋愛を始めるには、まだお互いを知る時間が足りなすぎる。

そんな気持ちを抱えてひとりLAへ飛びました。LAへ行っても考えるのはいつのまにかminのことばかりでした。

最後の1週間

LAから帰国し、残されたハワイ生活はわずか1週間。

min

後悔しないように、できるだけ一緒にいよう。

そう言ってくれた言葉通り、私達はほとんど毎日一緒に過ごしました。たくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん話をしました。

“このままずっと一緒にいられたらいいのに”

いつもそこから話は進まないのでした。

min

日本に行くね。韓国にも来てね。

その言葉を繰り返し、私達は泣きながら空港でわかれました。

minからもらった手紙には、こう書かれていました。

min

It was the happiest time that I stayed with you. I love you.
(kekoといた時間はとても幸せでした。愛してる。)

帰国後

え、帰国しちゃったの?・・・そう思いましたか?

物語は帰国してからやっと始まるのです。

私は帰国してすぐに忙しく、ハワイ生活に浸るまもなく就職活動を始めました。

minのことはきっといつか忘れられるだろうと思っていたし、日本で婚活でもしようと思っていました。

しかし、minはハワイにいた時のように連絡をくれたのです。そんなminに、私ははっきりと言いました。

「このままだと、minのことを忘れられない。私は次の恋愛に進みたい。minはどうしたいの?」

minは、ちょっと考えたい、また連絡すると言いました。これで私達の関係は終わったのだと思いました。

次の日

min

keko、もう友達でいたくない。彼女になってくれる?

突然の言葉に、自分で聞いておきながらとてもびっくりしました。

そしてminがたくさん悩んで答えを出してくれたことが嬉しくて、ひとりバスの中で嬉し泣きをしました。(笑)

そんなわけで

ハワイから帰国2日後、私と韓国人彼氏の交際がスタートしました。

そんなminとも、もう1年半が経とうとしています。ほとんど喧嘩もなく、毎日のように電話で喋る私達。日本と韓国に住みながらも1ヶ月に1回ペースで会い、遠距離もがんばっています。

恋人である以前に大親友のような私達。私達のように国際恋愛で悩んでいる誰かを応援したいと思っています。

これからどうぞよろしくお願いします!

ではまた〜